皮膚科 美容皮膚科
お問合せ先
トップ コンセプト 医院紹介 お悩み一覧 施術一覧 料金表


日焼け止めの種類について

2018.6.13
皆さん、こんにちは。
いつも、当サイトをご覧いただきありがとうございます。

色とりどりの紫陽花に、梅雨の訪れを感じる季節となりました。
当院にも、患者様から頂いた綺麗な紫陽花が飾ってあり、心癒されます♪

さて、梅雨とはいえ今日のようにお天気が良い日は、日焼けも気になりますね。
先月は、『日焼け止めの使用量』についてお話ししましたが、
今回は、『日焼け止めの種類』についてお伝えします。

日焼け止めには、「吸収剤」と「散乱剤」という言い方があります。これは日焼け止めが
どういう作用メカニズムで光を防御するかを示す表現です。
「吸収剤」をケミカル、「散乱剤」をノンケミカルと表記することもあります。
日焼け止め吸収剤、散乱剤

「吸収剤」は、日焼け止めに含まれる成分が紫外線を吸収させることで、
「散乱剤」は、日焼け止めに含まれる成分が紫外線を反射させることで、
紫外線が皮膚に届くのを防御しています。
「ケミカル」と呼ばれる吸収剤は、光化学反応からかぶれや光接触皮膚炎の皮膚トラブルが
一定の頻度で起きる可能性は否定できません。特に長時間、大量の日光に曝露される場合、
吸収剤で光感作が誘発されてしまいます。吸収剤には十分な効果がありますが、副作用につ
いては注意が必要です。
肌が敏感な方には、肌への負担が少ないノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めも各種取り揃えております。
お気軽にご相談ください。
日焼け止め
左:ルビパール サンスクリーンクリーム 30g SPF30(吸収剤フリー)
中央:ラ ロッシュ・ポぜ UVイデアXL 30g SPF50
右:エンビロン ラドローション 25ml SPF16

*******************************
当院では、洗顔指導を実施中です。
正しい洗顔ができるまでしっかりサポートします!
また、シミなどお肌のお悩みには無料カウンセリングも実施中です。
お気軽にご相談ください。
📞086-206-1770(美容皮膚科専用)
*******************************


西川原皮膚科
〒703-8258 岡山県岡山市中区西川原72-3
086-270-7272
Contents Menu
トップページ

コンセプト

医院紹介
お悩み一覧

施術一覧

料金表
e-max

医療レーザー脱毛

フェイシャルトリ-トメント
ご予約

アクセス

クリニックコラム
プライバシーポリシー

サイトマップ
copyright (c) Nishigawara Skin Clinic all rights reserved.